一般社団法人 乙訓医師会

京都府向日市・長岡京市・大山崎町 地域の皆様の健康をサポートする医療支援をめざします

 
乙訓医師会
ホームに戻る 医療機関検索

地域包括ケア
病診連携
在宅医療
かかりつけ医
在宅医療手帳
在宅手帳の実践
在宅医療センター
健康教室
認知症ネットワーク
済生会病院
  top > 地域医療 > 病診連携

病診連携 ~医療機関同士の連携~

日本医師会では「かかりつけ医」を「何でも相談できるうえ、最新の医療情報を熟知して、必要なときには専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師」と定義しています。即ち、個々の患者さんと、病気の事はさることながら、その方の今おかれている状況を十分把握し、その人に本当に親身な存在になるべき立場です。
一方、「専門医」は最新の医療情報を熟知し実践できる医師を指します。その専門医の集まりである「病院」は調子の悪くなった急性期の患者さんを専門知識・技術を駆使しながら治療し、できるだけ早く日常生活に戻れるよう努力します。また、通院治療の困難な場合に入院しながらの治療を受け持ちます。

 ですから住民の皆さんは、それぞれの長所を生かすために、身近なかかりつけ医を持ち、かかりつけ医を通して病院にかかることをお勧めします。

 乙訓医師会ではかかりつけ医と専門医・病院とがうまく連携を取れるように、お互いに意見を出し合える場(会議や学術講演会等)を設け、顔の見える連携を作れるように努力しております。